任意の文字列を含むファイルやフォルダを解凍対象から除外するには?

概要

このページでは、「書庫一括操作ユーティリティ(英語:Archive collectively operation utility)」を使用して、任意の文字列を含むファイルやフォルダを解凍対象から除外する方法を解説します。

設定手順

1.「解凍の初期設定」を開きます。



2.「解凍除外設定」欄までスクロールします。



3.「条件の追加」を押下します。



4.「条件名」を選択します。例えば、ファイルの拡張子を指定する場合は、「後方一致(ファイル)」を選びます。



5.「キーワード」を入力します。



6.「OK」を押下します。



7.「有効」欄にチェックが付いていることを確認します。



8.あとは「とりあえず解凍するには?」などを参考に解凍します。

最後に

使用した感想、ご意見などありましたら、ブログのコメント機能にお寄せください。